油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

高いオイルはおいしいオイル?(オリーブオイル編)

油に限らず、モノの値段はピンからキリまでですね。

「エキストラヴァージンオリーブオイル」として販売されているものも、調べてみましたら、数百円のものから、何万円もするものまであって、油の専門店としても、驚くばかりです。

高いオイルは絶対に美味しいのでしょうか?

山中油店が直輸入するオリーブオイルは、250mlサイズで1,728円~(イタリア・シチリア産 Rustico)ですので、決してお安くありません。

原料となるオリーブは、自社農園、または、契約農家が栽培したものだけを使用し、ちょうどよい頃合いを見て収穫してすぐに、清潔な工場で搾油し、品質については検査と管理がしっかり行われているものばかりだからです。

当店のオリーブオイルで高いものには、Le 4 Regine 500ml   で、4,590円。

産地はイタリア北部・リグーリア州です。

こちらがこの生産者さんのオリーブ畑です。

タジャスカ種という、この地域の特産品種のオリーブで、とても繊細な味わいを醸し出します。

オリーブの木は、山にへばりつくように並んでいます。

その山の中に入ってみると、こんな感じです。

かなりの傾斜でオリーブの木を育て、収穫するのに、大変な労力を要しますので、これが少々お高くなる理由の一つです。

こちらでは畑に標高差があるため、適切なオリーブ収穫期を把握するのに、何人もの人が歩いて見回って管理をしていました。

現在、若い地元のITベンチャーと組んで、畑(山)の中のポイントとなる箇所にセンサーを置いて、収穫期を予測することを研究中だそうです。

 

山中油店では、イタリア全土とアメリカ・カリフォルニア州からたくさんの種類のオリーブオイルを輸入していますが、どれも現地に赴き、生産者の方と会い、畑や工場を見せていただき、テイスティングさせていただいて選んでおります。

テイスティングする際には、日本でどんな使い方をしたらこのオリーブオイルが生き生きと輝いてくれるかしら?と思いを馳せ、また味のバリエーションもバランスよく選ぶようにしています。

しかし、まず一番大切なのは、オリーブを愛していて、信頼関係が保てる方たちが正しい方法で作っておられること。

私たちの役目は、そんな生産者さんの思いを皆さまにお伝えすること。

お値段も様々ですが、当店の商品は、どれも自信を持ってお勧めできるエキストラヴァージンオリーブオイルです。

店頭では、お味見いただいて、お気に召したものを選んでいただけます。

また、お好みをお伺いして、お客様に楽しんで使っていただけるオイルのご提案をさせていただいています。

オリーブオイル選びに迷われたら、ぜひ、ご相談ください。

お好みの1本が見つかって、お客様の食卓で、笑顔が広がれば、こんなうれしいことはありません。

私のスペシャル粕汁 THE KYOTO

3月になって、やっと春の兆しが見え始めた。。。と思うのですが、まだまだ寒いこのごろ。
そんなときに、必ず作るのが、粕汁。

私の粕汁は、母親直伝、酒かすたっぷりのドロリ系で、
にんじん大根やらたっぷりのお野菜に炒めたベーコンを入れて煮ます。

隠し味に、京都の白味噌。
これは、ラ・キャリエール仲田校長先生から教えていただきました。

仕上げは、粉山椒。
そして、タラリとかけるのは「国産エキストラヴァージンオリーブオイル 柚子」

体の芯からあったまり、絶妙なお味です。
是非是非お試しください!!
20130305-P1030824.JPG

Olio Novelloの季節です!

山中油店では、オリーブオイルをイタリアから直接輸入しています。
ですから、生産者の方々とお会いし、畑を見せていただいたり、工場を拝見したり、
時にはコーヒーやワイン、お食事をご一緒したりして、
生産者の方々のお人柄を知り、お互いの親交を深め、
安心して皆様にお届けできる、美味しいオリーブオイルを選んでいます。

11月15日、ただいま、収穫真っ最中のイタリアに、久しぶりの出張に来ております!
null
生産地で試食させていただいて、これは!と思った搾りたてのオイルを見つけてきました。

続きを読む >