油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

コレクティブ京町家「こまちや」内覧会のお知らせ

この度、コレクティブ京町家「こまちや」が完成いたしました。
築100年の長屋の一角、町家の風情を残しつつ、京都の大学に通う学生さん達に楽しく住んでもらえるように改修いたしました。町家の保存、学生さんと地域住民の交流による地域活性化など、色々な面での効果が期待できます。今回のプロジェクトには立命館大学産業社会学部の乾教授と同学部科目「企画研究」の学生さん、ならびに田原工務店様にご協力をいただき、「現代の若者に最も心地よく住んでもらえる京町家」の完成をめざしました。
つきましては、関係各位にご覧いただきたく、下記の日程で内覧会を開催いたしたいと存じます。多数のご来場をお待ちしております。

− 記 −

期日:平成21年12月17日(木)、18日(金)、19日(土)、20日(日)
時間:13:00〜17:00
場所:京都市上京区東神明町297番地6
(山中油店より徒歩3分)
null

完成までの経緯は、「企画研究」の学生さんが作ってくれたブログをご覧ください。