承香殿 東対

承香殿 東対

風が爽やかに通り抜ける京町家。
古(いにしえ)のときを思いをはせ、心を平安の昔に遊ばせてみてください。


東邸庭 庭をながめ、季節感を味わい、
ほっこりひと息ついていただける京町家の空間。
京の風情、「べんがら格子」もそのままに・・・ 承香殿 東対
承香殿 東対 虫籠窓の奥に広がる天窓から月明かりの差し込む空間。
平安のいにしえ人も同じ月を愛でていたかと・・・。

房間的特征

東対_図面

べんがら格子、虫籠窓、太い梁をそのまま残し、京町家の良さを肌で感じていただけます。

ゆったりとしたお風呂につかりながら、庭を眺めるのも一興です。

平安貴族の寝所を思わせる畳ベットで一夜をお過ごしください。

ぐるっとVIEW
※お部屋の様子がパノラマ画面で御覧いただけます。

承香殿 東対 空室状況

ご宿泊・ご予約のお問い合わせ

ギャラリー

承香殿の歴史

『源氏物語』は「いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶらひたまひける」で始まります。
内裏の正殿で公的な行事が行われた紫宸殿、仁寿殿に近い承香殿は、地位の高い妃の居所(後宮)であり、仁寿殿とは廊下でつながっていました。
その東庇には天皇の書物を保管するところがあり、ここで『古今和歌集』が編さんされました。
醍醐天皇や一条天皇の后となってここに住んだ女御は「承香殿女御」とよばれました。

Copyright © 2018 YAMANAKA COOKING OIL CO., LTD. All Rights Reserved.