油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

坂本龍馬と山中油店

NHK教育で5月27日に放送された(6月3日再放送) テレビ番組
「和の極意・古地図で巡る龍馬の旅」の最終回に、山中油店が登場しました。

null

この界隈と坂本龍馬の最期との関わりがあれほど強かったとは…!
これは、NHKさんが収録に来られるまで、私達も全く知らなかった事実でした。


山中油店前、下立売通をはさんで向かいの南側は、
普通自動車が4台ほど止まれる駐車スペースになっています。
このあたりに、郡山藩の屋敷があったそうです。
そこに、幕府の中でも開国派であった永井玄蕃がおり、
坂本龍馬は、移り住んでいた近江屋(河原町三条と四条の間)から
永井玄蕃を訪ねて、徒歩だと小一時間ほどかかる距離を、
多いときには1日2往復していたそうです。

山中油店は、江戸時代後期文政年間の創業ですから、
龍馬は永井玄蕃を訪ねていた際、この店の前を何度も通っていたことでしょう。
当時の面影を残したこの建物を目にしながら、
「日本の夜明け」にどんな思いを描いていたのでしょうか。

また、山中油店のちょうど北側に位置する松林寺さんは、
龍馬暗殺の実行犯との説もある、佐々木只三郎が宿としていたところだそうです。
店を挟んで、幕末の歴史が渦巻いていたのですね!

null
***山中油店より、北に、松林寺さんを裏側から見ております。
***左側の屋根が松林寺さんの建物。
***右側は入口が智恵光院通に面した昌福寺さん

null
***こちらは、上の写真と反対の南側。
***真ん中あたりにちょっとへこんで見えているのが、収録のあった駐車場。
***その奥に上京歴史探訪館があります。
***2本の鉄塔が見えますが、これがNHK京都放送局。

もっと時代を遡れば、このあたりは、平安時代には、天皇のお住まいだったところです。
カフェ「綾綺殿(りょうきでん)」は、今で言う御所の中の殿舎・綾綺殿があったところ。
是非とも、京都の歴史の深さを感じに、お越しくださいませ。