油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

ホクホク!「おいもさんの揚げたん」秘伝の作り方!

京都では、家庭で作るおかずの名前を「お大根の炊いたん」などとよく言います。「大根の煮物」のことです。

「おいもさんの揚げたん」は、おいもさん=さつまいも、またご丁寧に「芋」に、「お」と「さん」を二重につけ、「揚げたん」は、揚げたもの、「サツマイモの素揚げ」ですね。

サツマイモは火が通りにくくて焦げやすいので、天ぷら屋さんでも温度調整が難しいものなんだそうです。

サツマイモ等火の通りにくい芋類の素揚げを上手に、失敗せず、簡単にホクホク作れる方法をご紹介しましょう。

 

サツマイモをお好みの大きさに切り、水気を切って、何も入っていない天ぷら鍋に入れます。

揚げ油を、ひたひたになるくらい注ぎ入れます。  今回はいろんな形に切ってみました。

それから鍋を火にかけます。火加減は、ちょっと弱めの中火位がいいでしょう。

しばらくすると、ぽつぽつ泡が出始め、4-5分後には「揚げてる!」状態になってきます。

右下の細長く切ったのが、浮き上がってきました。出来上がりのしるしですね!

外は焦げ色がついていなくても、中はこんなにホクホクです。

今日はハチミツをかけて、いただこうかな。

 

サツマイモが揚ったころは、170-180度の「揚げ物適温」に達しています。

いつも新しい油を使う時には、適温に上がるまでの間、サツマイモやジャガイモを入れて、ホクホクに揚げて、こんな風にもう1品追加しています。

この日は続けて、コロッケを揚げました。コロッケはパンクしてしまったりするので揚げ始めが肝心、でもこの方法だと、コロッケもうまく揚ります。

 

ちなみに、、、「おばんざい」という言葉、お店ではよく使われていますが、京都の家では使いません。家庭の食卓に上るものは、普通に「おかず」と呼んでいます。