油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

第3回 漆の文化体験会「高台寺絵巻」

  •   

1.講話会:高台寺蒔絵の魅力に迫ります。

復元的制作『源氏雲に菊楓五七桐紋散らし』

秀吉公厨子扉裏の蒔絵の制作について

指月伏見城の遺構

〈特徴〉

平蒔絵 絵梨子地 蒔き放し 針描き

2. 実技体験会 : 講話で説明する「針描き技法」を用いた針描き体験。

講師: 下出 祐太郎 

① 博士(学術)、伝統工芸士

② 下出蒔絵司所三代目。京都産業大学文化学部教授

③ 即位の礼や大嘗祭(だいじょうさい)の神衹(じんぎ)調度(ちょうど)蒔絵(まきえ)や、第61・62回伊勢神宮式年遷宮御神宝蒔絵を手がける。京都迎賓館ではプラチナ蒔絵飾り台「悠久のささやき」などを制作

主催: 下出蒔絵司所  共催: 山中油店)

  •  期日:    令和元年9月28日(土)
  •  時間:    13:30~15:30   定員: 18名
  •  参加費:   2000円/1名
  •  場所:    山中油店 「粲宙庵(さんちゅうあん)

  

  • お申込み: 下出蒔絵司所
  • Tel:080-8947-9380 又は e-mailshimode-yutaro@xa2.so-net.ne.jp (代表者お名前、人数、お電話番号をお知らせください)
  • お願い
  1. 講習会参加者用の無料駐車場はご準備いたしておりません。コインパーキングをご利用ください。山中油店コインパーキングは6台分しかございませんので、満車の場合は、下立売通を千本通に出たところにも一般のコインパーキングがございます。
  2. 実際に作業をしていただきますので、動きやすい服装でお越しください。
  3. キャンセルの場合は、必ず3日前までにご連絡ください。