油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

高いオイルはおいしいオイル?(食用油編)

「油を選ぶ基準は?」と言うと、プロのお料理人の方からも、明確な答えが返ってくることが少ないのがちょっと残念です。

皆さんはどんな基準で選んでおられますか?

値段? 銘柄? 体にいいと言われているから? 製法まで考えて?・・・

 

山中油店の油は、他より少々高めです。

例えば揚げ油。

人気の「あっさりなたね油」は、その名の通り、あっさり、さっくり揚ります。

1升ペットボトル(1.8リットル・1650g)で、1,782円。市販のものと比べると3-5割増でしょうか。

 

こちらがお高いのには理由があります。製法が違うのです。

山中油店でおすすめしている揚げ油(あっさりなたね油・圧搾なたね油・なたね赤水・デラックスコーン油・コーンオイル・国産なたね油)は、すべて「圧搾法(あっさくほう)」のみで搾られています。原料である、遺伝子組み換えでないナタネやトウモロコシ胚芽(コーンオイルは不分別)に物理的に圧力をかけ、油分を搾り出す方法です。

 

では、市販の油は、なぜそれよりお安くできるのでしょうか。

圧搾法だけでは、その搾りかすにまだ油分が1-2割残っています。この搾りかすに化学的な溶剤(ノルマルヘキサン)を加えると、油分が溶剤に移行します。油分を含んだ溶剤を蒸留装置にかけ、揮発性の化学溶剤と油分とに分けて、油をとります。これを「抽出法(ちゅうしゅつほう)」と言い、圧搾のあとに抽出を行うことを「圧抽法(あっちゅうほう)」と呼びます。

ここで使う化学溶剤は、食品添加物として認められていますが、製造工程で使われ、除去されるので、表記されません。

 

化学的に搾り出した市販の油と、自然に搾られている当店の油とでは、味・持ち・揚げた時のにおいに差が出ます。

 

山中油店から歩いて1-2分のところにある「カフェ 綾綺殿(りょうきでん)」では、油店のおいしい 圧搾法の揚げ油を使った定食が召し上がっていただけます。

ここでお食事された方が驚かれるのは、

「サクサクしてる!」「揚げ物食べても。胃もたれしない!」「揚げ物屋さんの嫌な臭いがしない!」

一日にたくさんのお客様に来ていただきますが、開店直後でも、閉店前でも、同じ感想を頂戴しています。油の持ちがいいので、結局は経済的かもしれません。

 

おいしさは値段だけでは測れません。

でも身近にある油、ほとんど毎日使う油に、ちょっと注目していただけたら、油の専門店はうれしく思います。