油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

玉締めしぼり胡麻油が「週間女性」に掲載されました

7月27日発売の「週間女性(8月10日号)」の特集記事のひとつ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ラー油に続くのはこれ!
全国ごちそう調味料 大図鑑
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
のコーナーで、玉締めしぼり胡麻油が紹介されています。
null

ノンフィクションラーターで、取材で全国各地を飛び回っておられ、
「ハートに響く美味しいものを探すためならば妥協はしない」とおっしゃる
橘由歩さんの著書で、幻冬舎刊の単行本、「全国ごちそう調味料」から
週間女性が特におすすめする調味料として取り上げられています。
null

null

せひご覧下さいね!