油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

高いオイルはおいしいオイル?(オリーブオイル編)

油に限らず、モノの値段はピンからキリまでですね。

「エキストラヴァージンオリーブオイル」として販売されているものも、調べてみましたら、数百円のものから、何万円もするものまであって、油の専門店としても、驚くばかりです。

高いオイルは絶対に美味しいのでしょうか?

山中油店が直輸入するオリーブオイルは、250mlサイズで1,728円~(イタリア・シチリア産 Rustico)ですので、決してお安くありません。

原料となるオリーブは、自社農園、または、契約農家が栽培したものだけを使用し、ちょうどよい頃合いを見て収穫してすぐに、清潔な工場で搾油し、品質については検査と管理がしっかり行われているものばかりだからです。

当店のオリーブオイルで高いものには、Le 4 Regine 500ml   で、4,590円。

産地はイタリア北部・リグーリア州です。

こちらがこの生産者さんのオリーブ畑です。

タジャスカ種という、この地域の特産品種のオリーブで、とても繊細な味わいを醸し出します。

オリーブの木は、山にへばりつくように並んでいます。

その山の中に入ってみると、こんな感じです。

かなりの傾斜でオリーブの木を育て、収穫するのに、大変な労力を要しますので、これが少々お高くなる理由の一つです。

 

山中油店では、イタリア全土とアメリカ・カリフォルニア州からたくさんの種類のオリーブオイルを輸入していますが、どれも現地に赴き、生産者の方がと会い、畑や工場を見せていただき、テイスティングさせていただいて選んでおります。

テイスティングする際には、日本でどんな使い方をしたらこのオリーブオイルが生き生きと輝いてくれるかしら?と思いを馳せ、また味のバリエーションもバランスよく選ぶようにしています。

しかし、まず、一番大切なのは、オリーブを愛していて、信頼関係が保てるいい方たちが正しい方法で作っておられること。

私たちの役目は、そんな生産者さんの思いを皆さまにお伝えすること。

お値段も様々ですが、どれも自信を持ってお勧めできるエキストラヴァージンオリーブオイルです。

店頭では、お味見いただいて、お気に召したものを選んでいただけます。

また、お好みをお伺いして、お客様に楽しんで使っていただけるオイルのご提案をさせていただいています。

オリーブオイル選びに迷われたら、ぜひ、ご相談ください。

お好みの1本が見つかって、お客様の食卓で、笑顔が広がれば、こんなうれしいことはありません。

オリーブオイルテイスターによる テイスティング

当店では、日本オリーブオイルテイスター協会(JOOTA)から認定を受けたオリーブオイルテイスターが、

生産者さんのもとに伺い、テイスティングをさせていただいております。

テイスターは、トレーニングを積んで感覚能力を高め、官能検査を行う、責任ある仕事をしなければなりません。

嗜好で選ぶのではなく、一つ一つのオリーブオイルと真に向き合い、オリーブオイルの分類をするためです。

そのようなテイスターは、どんな風にテイスティングをしているのでしょうか。

 

これがオリーブオイルをテイスティングするときのグラスです。

サイズ等はIOC(国際オリーブ協会)で定められています。

ブルーのほかに最近では赤いグラスもあります。いずれも中身のオイルの色は見えないようになっています。

一般には手に入らないものですので、プラスチックのカップで代用したりしています。

  1. カップを手のひらに乗せ、もう片方の手でふたをし、手の温度になじませるようにします。

理想的なテイスティングの温度は  28℃±2℃)。それに近づけるためです。

  1. まず香りを嗅ぎます。カップにしっかり鼻を入れて。

鼻から直接感じる嗅覚です。ここでテイスターは、様々な要素を感知します。

好ましい特性だけでなく、エキストラヴァージンオリーブオイルとしてネガティブな特性がないか感知します。

  1. 次にオリーブオイルを少量口に含みます。 そして口を少し横に開いて、歯の隙間から空気を「シュルシュルッ!」と勢いをつけて入れます。

それから、ゆっくりとのど越しにピリッとするかどうかを感じ取ります。

この一連の動作で、オリーブオイルを舌全体に行き渡らせて、様々な味覚や触覚を感知します。

空気を送り込んで、口から鼻に抜ける香りを感知しているのです。

これを、「レトロネーザル」(口中香/あと香)と言いますが、私も随分練習して、感じられるようになりました。。

 

テイスターのように「感知」するのは難しく、特別な訓練が必要になりますが、「ご自分の好きな味」「お好みの一本」を見つけるのに、こんな方法をお試しいただくのも楽しく、オリーブオイルときっと仲良くなれると思います。

皆さまも、もしお手元にあれば、2種類ほど比較してみてください。思いのほか、オリーブオイルのバリエーションが感じられるかもしれません。

 

私のスペシャル粕汁 THE KYOTO

3月になって、やっと春の兆しが見え始めた。。。と思うのですが、まだまだ寒いこのごろ。
そんなときに、必ず作るのが、粕汁。

私の粕汁は、母親直伝、酒かすたっぷりのドロリ系で、
にんじん大根やらたっぷりのお野菜に炒めたベーコンを入れて煮ます。

隠し味に、京都の白味噌。
これは、ラ・キャリエール仲田校長先生から教えていただきました。

仕上げは、粉山椒。
そして、タラリとかけるのは「国産エキストラヴァージンオリーブオイル 柚子」

体の芯からあったまり、絶妙なお味です。
是非是非お試しください!!
20130305-P1030824.JPG