油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

田中美里さんのラジオ番組に出演

先月、ドラマ撮影のため京都に滞在されていた田中美里さんが
山中油店にご来店くださいました。

田中美里さんはオリーブ大好き!でいらっしゃって、
「油屋さんができそうですね」と冗談を言うほど、
いろんな種類のオリーブオイルをお買い求めくださいました。

それがご縁で、11月7日土曜日、
田中美里さんがDJをされているラジオ番組に電話出演させていただきました。

お店に来てくださったときにも、すっごくおキレイで、
山中油店もパァーッと明るくなりましたし、
お話のされ方も、とってもやさしい響きの声で、
ドッキンドッキン!緊張してしまいました。

関東のベイエリアでの放送でしたが、
お聞きいただいた方はいらっしゃいますでしょうか?

オリーブオイルの魅力を伝えられていたら幸甚です。