油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

町家改修<コレクティブ京町家 こまちや> 

山中油店では、現在、新出水通りにある築100年の京町家の改修に取り組んでおります。
この改修では古い町家を学生の住まいとして使えるように修したいと思っています。
null

null


西陣地区は年々老齢化が進むとともに、町家も次々に取り壊されています。それらの問題を一挙に解決すべく、田原工務店様、ならびに立命館大学産業社会学部乾先生、乾ゼミの学生さん達にもご協力いただき、プロジェクトとして推進していくことになりました。
プロジェクト名:<コレクティブ京町家 こまちや>
*コレクティブ京町家 : 単なる個々の負担を軽減するためのシェアハウスを越えて、「共に住む」ことが楽しめる(いつでも誰かと会えるし、いつでもひとりになれる)京町家。
乾ゼミブログ
まず、ゼミの学生さんたちには、この近郊に住む学生が下宿する1ルームマンションの実態調査を多数実施してもらい、その大きさ、レイアウト、賃料などを把握いたしました。また、そのような学生さんが住まいに要望する内容をアンケート形式で調べ、できるだけ<こまちや>に反映させるようにいたしました。
12月初旬に完成予定ですので、完成しましたら内覧会なども予定いたしております。ご期待ください。