油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

山中油店のお盆(その5)〜五山の送り火

お盆も山中油店のお盆休みも今日が最終日。
8月16日の朝は、あらめを炊いて、送りだんごと白い御餅をお供えし、
ご先祖様をお送りする準備をします。

そして今日は、大文字の送り火です。
null


近くのお寺さんにお参りして、お供えのお菓子やお花、槇などを納めます。
うちの場合は、ちょうど裏(北側)にある、昌福寺さんに持って行きます。
まずはお参り。
いつもは人気の少ないお寺の中に、朝からたくさんの人が来られています。
夕方、お寺さんの前を通ると、各家から持ってこられたお供えがたくさん並んでいました。
通りがかりに携帯で、パチリ。
null

今は、市がお供え物の回収をしているようです。
null

8時ちょうど、まず、銀閣寺側の大文字に火が灯ります。
物心ついた頃には、五山のほとんどが、店の屋根の上から見ることができました。
今は、完全に見えるのはこの大文字だけ。
あとは、舟形の下が少し欠ける程度に見えるくらいです。

今年も無事、ご先祖様をお迎えして、お送りすることができた。。。
五山の火が消える頃、京都には初秋を思わせる、心地よい風が吹いています。

小学生の頃は、このちょっぴり冷たく感じる風を頬に受けると、
「夏休みももうすぐ終わりやなぁ」と、ちょっぴり切ない気持ちになりました。

今日で、忙しかったお盆休みも終わり。
明日から仕事、頑張りましょう!