油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

えごまプロジェクト〜行灯つくりにチャレンジ!

7月25日土曜日、大山崎町の中央公民館 実習室で行灯作りをしました。
えごまを育てて、タネを収穫し、それで油を搾って明かりを灯す…
こんな素敵な計画を実現するためのツール作りです。

今日は私達も生徒さんになって参加。
講師は島原工房の島原薫さんです。
null


材料は切り出して用意してくださっています。
null
左から、
サンドペーパー用兼組み立て用あて木 1人1枚
ボンド塗り用棒 1人1本
地板下脚板 1人4枚
地板取り付け用ビス 1人4本
障子紙 1人4枚

null
柱 1人4本
地板 1人1枚
さん(横ざん) 1人8本

以上の材料を各自取り、説明を聞いて、作り始めます。
null
8月末、山中油店で、この作品に紅殻(ベンガラ)と荏油を塗り、
それから障子紙を張ることになりました。

12月にはこの行灯にエゴマ油で火を灯し、
離宮八幡宮様に献燈します。

約40個ほどが一斉に灯される予定。
ワクワクしますね!