油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

オイルとチーズとはちみつとワイン

この週末は大充実!
えごまプロジェクトのほか、、すごく興味深い勉強会を持ちました。

山中油店のエキストラヴァージンオリーブオイル、
京都市北区のチーズショップ「アルモニー」さんのチーズ、
同じ西陣のはちみつ専門店「ドラート」さんのはちみつ、
ショップ&カフェ綾綺殿のチュニジアンフーズ、
そして、それぞれが持ち寄ったた[とっておき」ワインがずらり。

油屋、チーズ屋、はちみつ屋のほか、
レストランのオーナー&シェフ、ワインのシニアソムリエ、
チーズプロフェッショナルも勢揃いという男性2名、女性5名の豪華?メンバーが集まり、
それぞれのマリアージュを試してみました。


アルモニーさん提供のチーズはフランスものが中心。
null

3点盛りの手前から時計回りに、
ブルードベルニュ、マンステール、ゴルゴンゾーラドルチェ、
オレンジ色のが、18ヶ月熟成のミモレット、その左がコンテ、
向こう側がアルモニーさんオリジナルのブリー+黒七味プラスワンの「ブリー八味」、
一番手前が、唯一山羊乳のベズレーです。

次はドラートさんの蜂蜜。
null

後列左から、蜂蜜花粉、インドの蜂蜜「森の炎」、コーヒー、カナダのクローバー、
国産そば、国産アカシア、国産シナ(菩提樹)、国産桜。。。
それぞれに味わいが全く違うんです。

前列左側の透き通った瓶がイタリアのアザーレア(つつじ)、
白い瓶が柑橘系で香り高くなつかしい味わいの国産・シトラス島の蜜。
堂々と居座っているのが、えごまプロジェクトでも作ったえごま味噌&きゅうり。
これをおつまみに、まずは、生ビールでカンパーイ!

山中油店のエキストラヴァージンオリーブオイル。
チーズや蜂蜜と合わせるのに、人気が高かったのは、
後味に青リンゴっぽさが残るシチリアのエキストラヴァージンオリーブオイルZefiro、
丸ごとのオレンジの実とオリーブを一緒にクラッシュして搾ったオレンジオリーブオイル。
null

ワインは、最初と最後がイタリアでその他はフランス。
null

シチリアのすっきりしたスプマンテ、アルザスのゲヴェルツトラミネール2006、
ブルゴーニュが続いて、ミュルソー1994、ヴォルネイ1994、エシェゾー2001、
甘口は、ソーテルヌ2007 と パッシート ディ パンテレッリア2003。

ソーテルヌだけが「遠慮のかたまり」みたいにグラス1杯分ほど残っているのがご愛嬌。
打ち合わせなしで、泡ものからデザートワインまでバランスよく揃ったのはさすが!
ひとりあたり1本の消費量でした。

一番人気は、ゴルゴンゾーラドルチェにねっとりしたカナダ産クローバー蜂蜜、
そしてほんのり甘いオレンジオリーブオイル、そして甘口ワインの組み合わせ。

それぞれが、それだけでもおいしいんだけれど、
ホンモノ同士が出会うと、その美味しさが力強く響き合うことに、
一同、感動の夜でした。

これを元に、皆様に楽しんでいただける会を企画したいと思います。
その節には、奮ってご参加下さい!!