油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

庭の古木のあんずとオリーブオイル

店の裏の庭に、あんずの古木があります。
一説では、山中油店ができる前からこの地にあり、樹齢300年以上と言われています。
そのあんずの古木が毎年6月の半ばに大きなオレンジ色の実をつけます。

null
<2009年6月12日撮影>

たくさんなる年は、そのまま炊いたり、ジャムにしたり、あんず酒を作ったり…
台所方は大仕事になります。


うちで一番よくするのは、「あんずを炊く」です。
シーズンになると、枝からとるどころか、落ちてくる実を拾うだけで大変!
それを水洗いして、種を出し、少量の水を入れてそのまま炊きます。
炊くときにお砂糖を入れないので、かなり酸っぱい!
よく冷やして好みでお砂糖をかけて食べると、スッとして暑気払いになると言われますが、
幼い頃の思い出で、いくらお砂糖をかけても甘くならなくて食べることができず、
今でも炊いたあんずにはなかなか手が伸びません。

今年は6月前半は涼しい日が多く、なかなか熟さなかったのと、
いつもより、実のなる量が少なかったので、2〜3回炊いただけで終了しました。

幼い頃の思い出はともかく、「ええ年」になってくると、暑気払いに興味が出て、
たまに食べてみようかな、と思うようになりました。
しかし、「ええ年」になってもやっぱり酸っぱい!
ジャムにしたら、確かに酸味はなくなるけれど、あんずの味わいもなくなってしまう。
この酸っぱさがキリッとしてええんや、と言われるけど、酸っぱいモンは酸っぱい!

「あんずの炊いたん」をヨーグルトに入れて、蜂蜜をかけると、まあまあ食べられます。
しかし、蜂蜜を足しても酸っぱさはあまり変わりません。

そこで試してみたのが、オレンジオリーブオイル!

null

ほんの少しかけてみたら、酸っぱさが和らぐのです。
酸味がほどほどに感じられて、ヨーグルトと蜂蜜の風味も引き立ちます。
すごい!

オリーブオイルには、不思議な力があるようです。
油なんだけれど、例えばスモークサーモンにかけたらかえってサッパリしたり、
酸っぱさもそうだったけれど、塩辛さが和らいだりします。

何千年もの歴史を持つオリーブオイル。
樹齢ン百年のあんずとの、新たな出会いでした。