油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

椿油とつげの櫛(くし)〜その1

その昔から日本女性の美しい髪を守ってきた、椿油。
油屋として身近にあった椿油を愛用するようになってから、
パサつくクセ毛が落ち着いて、ツヤが出てきました。

せっかくなら、椿油と一緒につげの櫛を使ってみよう…!
実践し始めてから、3年ほど経ち、今頃になって、
生まれて初めて「キレイな髪やね」と言われるようになりました。

null
椿油と椿の種(花は造花です)


明治生まれの祖母の小さな鏡台は、椿油のにおいがしていました。
店にお買い物に来られるお客様の中にも
「わぁ、おばあちゃんのにおいがする」「なんか、なつかしいわ〜」
とおっしゃる方がいらっしゃいます。

私が初めて買ったつげの櫛は「ときぐし」と呼ばれるタイプのもの。
髪がちょっと太めで少々硬く、もつれやすいので、あまり目の細かくないもの、
大きさもいろいろありますが、実際に持ってみて楽に梳けそうなものを選びました。

null

薩摩の本つげですから、値は張りますが、
「お手入れ次第で一生モン」ととおっしゃる職人さんの言葉に動かされました。

もう少し大き目のもの、化粧ポーチに入る小さめのものも
それぞれ違うところで購入しましたが、それぞれ使い心地が微妙に違います。
写真の櫛は、地肌に当たる感じが気持ちよいので一番お気に入りです。
職人さんによって変わってくるとのこと。
使う人の好みもあるし…使ってみないとわからないですね。

追って、ほかのつげの櫛や、櫛や髪のお手入れ方法もご紹介してまいります。