油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

「油」で「油汚れ」を取る?

「油」で汚れが取れるなんて?!とだれもが疑いを持つでしょう。

油店に伝わる?こんなお掃除方法をご紹介します。

これは北山杉でできた椅子。

端っこが手垢(てあか)などで汚れがちです。

この汚れを取るときに使うのが、「お手入れ用 椿油」

頭皮や髪の毛、手肌のお手入れに重宝するほか、木材や竹のお手入れにも使えます。

布などに含ませて、磨きこむと、汚れが落ちてツヤも出ます。

 

髪の毛に使う油として知られる「椿油」は保湿性に優れています。

その昔、シャンプーをする習慣がないような時代から、女性は椿油で髪のお手入れをしてきました。

頭皮に擦り込んで汚れを浮かし、黄楊の櫛(つげのくし)で梳き(すき)取っていたのです。

椿油を髪の毛のお手入れにお使いになる場合は、頭皮をしっかりマッサージして、毛先に伸ばすようにすると、抜け毛・切れ毛が防げて、効果的なお手入れができますよ!

********************************

さて、話は変わりますが、最近、揚げ物をしないご家庭が増えています。

20年ほど前に「家で揚げ物をするか?」という答えに「いいえ」と答えたのはほんの数%でしたが、

最近では、揚げ物をしない家庭が、30%以上に上っています。

でも日本人は揚げ物好き。

揚げ物は「家庭で揚げる」ものから、「買って食べるもの」へと変化しているのです。

揚げ物をしない理由の第一位は「台所が汚れるから」。

でも良質の油で揚げたもの、揚げたてのコロッケなんか、絶対おいしいと思います。

 

さて、揚げ物をしなくても、飛び散った油は取れにくく、換気扇の掃除は面倒です。

その汚れを取ろうとした時、水がかかると、白っぽくなって余計に取れにくくなります。

そんな時は、先に植物性の油をぼろ布などに含ませて汚れを拭き取ります。調理に使った残りの油でもOK。

油分が残っていると細かいほこりを吸着するので、洗剤などで仕上げ拭きすると完璧です。

年末は大掃除のシーズン。一度試してみてください。