油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

Olio Novelloの季節です!

山中油店では、オリーブオイルをイタリアから直接輸入しています。
ですから、生産者の方々とお会いし、畑を見せていただいたり、工場を拝見したり、
時にはコーヒーやワイン、お食事をご一緒したりして、
生産者の方々のお人柄を知り、お互いの親交を深め、
安心して皆様にお届けできる、美味しいオリーブオイルを選んでいます。

11月15日、ただいま、収穫真っ最中のイタリアに、久しぶりの出張に来ております!
null
生産地で試食させていただいて、これは!と思った搾りたてのオイルを見つけてきました。


まず、サルデーニャに行ってまいりました。
イタリア本土と異なる文化や伝統を持ち、
皆さん、自分の生まれたところに誇りを持っておられます。

サルデーニャ島の北西部に位置するイッティリで
「Marella」を生産しておられるサルバトーレ・サンナ氏を訪ねました。
null
「Marella」の使用品種はボザーナ100%。
サルデーニャのこの地域で特有の品種です。
奥様に「お料理に使うのはオリーブオイルだけ?」と聞くと、
「もちろん!エキストラヴァージンオリーブオイルだけ。
しかもサルバトーレは、ボザーナじゃなければダメなのよ!」

昨日搾油したばかりのオリオ ノヴェッロを試食させていただきました。
とても新鮮な野菜の香り、青みが強く、辛さもあるのにフルーティーでもあり、
今の時期によく食べられるアーティチョークのようなほろ苦さが広がります。

Buono!!
早速発注させていただきました。
MarellaのOlio Novello、今年もお楽しみに!!

サンナ家のお宅にお邪魔して、一族の古い写真や伝統的な民族衣装を見せていただきました。
null

お昼ごはんをご馳走になりましたが、そのときにいただいた、
新鮮なアーティチョーク(生で!)、羊のリコッタチーズ、ボッタルガ(からすみ)、
そしてもちろんMarellaの搾りたてオリーブオイルをたっぷり!という一皿が
今回の出張中、私の最もお気に入りの一皿になりそうです!!
null

もうひとつ、搾りたてのオイルをお届けします。
皆様おなじみ、人気のZefiro、そう、シチリアに11月19日に移動し、生産者を訪問いたしました!
null
オーナーである、ピエールパオロ氏はまだ若いけれど、
情熱を持った3代目の生産者です。
シチリア島の最も北西に位置し、塩田が広がる町、トラーパニに生まれ育ち、
「最も好きなオリーブオイルはZefiro」と言います。
null
この写真よくご覧いただくと、塩田の後ろに虹が見ていただけます!
Zefiroは、この土地のD,O.P.であるValli Trapanesiの認証を受けており、
チェラスウォーラ 70%、ノチェラッラ・デル・ベリーチェ 20%、ビアンコリッラ 10%
でブレンドされています。

今回は、このZefiroのBIO(有機栽培)のOlio Novelloを限定数量でお届けします。

青いトマトのようなすがすがしさが引き立っています。
ラベルはいつものZefiroと異なり、斬新なイメージです。
null
こちらもMarellaと一緒に、早ければ、12月10日ごろから
店頭およびインターネットで販売を開始する予定です。

生産者の方々の収穫の喜びと感謝の気持ちで搾りたてのオリーブを
本当に楽しみにして、この時期を迎えられます。
日本の皆様にも、イタリアの「旬」を、心をこめてお届けいたします。