油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

ワックスについて

Q :荏油を主成分としたワックスなるものが販売されていますが、使用した方がいいんでしょうか。 無垢材の感触や臭い、木の質感があまり変化しない管理方法がよくわからないので教えてください。また、よい管理方法があればお教え下さい。


A :荏油が塗ってあれば、特別なワックスは必要ないと思います。ワックスを使用すると木の表面のてかりが強くなるため、それを嫌う人もおられます。せっかく自然の油を使用されたのであれば、少し面倒でもしょっちゅう乾拭きをすることをお奨めします。

counter[1].jpg

ただし、カウンターなどの板の場合、荏油だけでは水跡ができてしまいますので、自然の蜜蝋ワックスなどを荏油の上に使われるとかなり効果があります。