油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

町家改修ニュース2012.1.13

解体が始まりました。特に傷みの激しい軒下を修理するため、正面の小屋根を取り外し、柱をチェックしてみました。ご覧のように、二軒の家の中央にある地面から大屋根に伸びる柱も、そこにつながる太い横の柱も白蟻でぼろぼろです。よくも今まで持っていたものです。
null

今回の工期は2軒同時修理のため4ヶ月〜5ヶ月かかりそうです。祇園祭には間に合わせたいものです。


土壁も崩れておりますが、中の竹組はほとんどきれいに残っていますし、良く見ると、竹と竹を組み結んでいる藁も一部残っています。100年以上経っているのに驚きです。
null