油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

モレッティ・オメロ250mlにまつわる、ほほえましいお話

山中油店が直輸入するオリーブオイルの中で、
最も素材の味を引き立ててくれるタイプのオリーブオイルは?
と聞かれたら、その答えは、「Moretti Omero」

オメロおじさんの大きな手で育まれるオリーブから作られるオイルは、
やさしくておだやか、それでいて、しっかりとオリーブの味わいが発揮されます。

null

そのMoretti Omero の250mlサイズは、ただいま入荷待ちです。
これに関して、ちょっと聞いていただきたい、
ほほえましい裏話をご紹介させていただきます。


私どもの店頭に、定期的にお越しくださるおお客様のなかに、
現在94歳、来年の1月には95歳を迎えられるという、
ご近所にお住まいのおばあちゃまがいらっしゃいます。

手押し車を引いて、いつも元気に来てくださいます。
そのお姿をお見かけしたら、私たちが用意するのは
Moretti Omero の250ml。
朝のサラダやパンに、欠かせないオイルなのだそうです。
「どこも悪いところがないのは、美味しくていい油のおかげ」
と言ってくださるおばあちゃま、さすがに高齢でいらっしゃるので、
オリーブオイルのふたを開けてさしあげてからお渡しするのが慣例です。

先日、イタリアから連絡がありました。
「Moretti Omeroの250mlを納品しているのは山中油店だけ。
今後、250mlサイズは作らないから、500mlに統一したい。」

私たちが真っ先に思い浮かべたのは、おばあちゃまのお顔。
そこで、オメロおじさんに、おばあちゃまのようなお客様がいらっしゃることを
「直訴」しました。

間もなくオメロおじさんから返事が届きました。
「あなたの店のためだけに、250mlを続けましょう。」

このことを、おばあちゃまにもお伝えしたら、
「うれしいわ〜」と喜んでくださいました。
そこで、おばあちゃまがMoretti Omero の250mlを買ってくださっているところを
写真に収めてイタリアに送りたい!と思いつきました。
「写真を取らせていただいていいですか?」とお願いすると、
「今日は、そんな格好してへんから、恥ずかしいわ。」
さすが!女性が美しく長生きする秘訣はここにある!と感じた次第です。

そういえば、オメロおじさんのマンマ(お母様)も、
確か90歳を超えて、お元気でいらっしゃったはず。
オメロおじさんの温かさを感じた出来事でした。

Moretti Omero 250ml は、次回入荷まで、少々お時間を頂戴いたします。
お待ちいただいている皆様には、しばらくご迷惑をおかけしますが、
今後とも、どうかご愛顧くださいますよう、お願いいたします。