油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

大山崎町えごまプロジェクト2010

昨年お手伝いした、京都府大山崎町のえごまプロジェクト、
今年の集大成を12月12日(日)、油祖離宮八幡宮様でされるとお聞きし、
見に行ってまいりました。
null
もみじが綺麗に色づいていました。
null
これから収穫したえごまを搾油します!


これが搾油機。
null
昨年使ったものに改良を重ねたもの。

今年収穫したえごまを機械に入れます。
null
搾れるのは1回50グラム。
慎重に計って、えごまを投入!

ぐいっ、ぐいっと力を入れて、搾りこみます。
すごく力が必要で、昔の油搾りはいかに大変だったかを物語っています。

null

すると、出てきた!えごま油です!!

null
搾り出されるのは5グラム程度。
これだけの労力が要るものですから、
ここ、大山崎の離宮八幡宮様で搾られていたその昔には
高価な貴重品だったはずです。

昔の製油法にならって、
「煎ってから搾れば、もっとたくさん油が取れるかも」
「搾る前にえごまを砕いておいたらいいんじゃないか」
などなど、さすがに研究を重ねられた成果が!!

で、煎って、ミキサーで砕いたもの↓
null
この搾油機では、砕いたものがそのまま出てきてしまい、
1回目は失敗。 しかし、さすが!!
これをガーゼで包んで、再び搾られたら、大成功!
null
「煎ったものは、香ばしいね!」
みんなで香りをかいだり、お味見したり・・・。

皆さん、手塩にかけて育てて収穫したえごまを
また力を合わせて搾油しておられます。
null
写真右側は離宮八幡宮様の禰宜(ねぎ)さん。
なんだかやっぱり絵になっているような気がしませんか?!

また、たべもの班が作られた、お料理を試食させていただきました。
null
左上から、
小松菜のおひたし〜えごまの味がピッタリでヘルシー
聖護院大根の酢の物〜えごまのツブツブ感が不思議とマッチ
水菜とたけのこ〜たけのことえごまも好相性
下が、
大根と大根の葉とおじゃことえごま〜カルシウムも取れて栄養満点
お野菜も地元産!
どれもとっても美味しく、郷土料理にできそうです!

離宮八幡宮様での搾油は「本邦製油発祥の地」にふさわしいこと。
null
右よりにおられる作務衣姿の方が宮司さん。
大山崎町えごまプロジェクトの皆さん、今年もお疲れ様でした!

「えごまの大山崎」がまた定着しそうな、
ステキな予感がする日曜日の午後でした。