油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

工事中でご迷惑をおかけいたしております

先日より、山中油店前の下立売通りがケーブルの工事をしており、
ご来店の皆様に大変ご迷惑をおかけいたしております。
null

現在は約50メートル先を工事中ですが、
大型トラックが駐車していたり、
また今月中にあと2〜3回ほど店の前あたりを掘り起こすらしく、
またまたご迷惑をおかけいたします。

山中油店には、お車での進入も可能でございます。
工事関係の警備員にお声かけてくだされば、誘導いたします。

安全確保には、十分留意するようお願いいたしておりますが、
皆様どうかお気をつけてお越し下さい。

そして店の前の公共工事だけでなく、山中油店も池の工事中です。
null
この池の底に敷き詰められた砂利は、今日の午前中、
男性社員が一丸となって!すくい上げてくれました!


今や山中油店のトレードマークともなりました、水車と池の鯉。
200年近い歴史を持つ山中油店にそれらが登場しましたのは、
また50年にもならない前のことですから、「若い」部類に入るかもしれません!

しかし、50年という年月はやはり長いもので、
今回、大修理をすることになりました。
null
しばらくは外観を損ねていまいますが、
年内には工事を終了して、
新年には「いい顔」をお見せしたいと思っております。

しばらくご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。