油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

私のスペシャル粕汁 THE KYOTO

3月になって、やっと春の兆しが見え始めた。。。と思うのですが、まだまだ寒いこのごろ。
そんなときに、必ず作るのが、粕汁。

私の粕汁は、母親直伝、酒かすたっぷりのドロリ系で、
にんじん大根やらたっぷりのお野菜に炒めたベーコンを入れて煮ます。

隠し味に、京都の白味噌。
これは、ラ・キャリエール仲田校長先生から教えていただきました。

仕上げは、粉山椒。
そして、タラリとかけるのは「国産エキストラヴァージンオリーブオイル 柚子」

体の芯からあったまり、絶妙なお味です。
是非是非お試しください!!
20130305-P1030824.JPG

Olio Novelloの季節です!

山中油店では、オリーブオイルをイタリアから直接輸入しています。
ですから、生産者の方々とお会いし、畑を見せていただいたり、工場を拝見したり、
時にはコーヒーやワイン、お食事をご一緒したりして、
生産者の方々のお人柄を知り、お互いの親交を深め、
安心して皆様にお届けできる、美味しいオリーブオイルを選んでいます。

11月15日、ただいま、収穫真っ最中のイタリアに、久しぶりの出張に来ております!
null
生産地で試食させていただいて、これは!と思った搾りたてのオイルを見つけてきました。

続きを読む >

オリーブオイルセミナー&ランチ 開催します!

春ですね。
山中油店 事務所奥の池の周りに、フキノトウが顔を出しました。
そんな春に、ピッタリのセミナーを開催します。
null
3月11日(金曜日) 11時半〜(約2時間)
「南イタリアの陽気な食卓」と題して、
オリーブについてちょっと詳しくなれるミニミニ講習と、
イタリア南部産オリーブオイルのテイスティング、
そのオリーブオイルを使った、山岡シェフの特製ランチを味わう会です。
null
山岡シェフは、南イタリア・カンパーニア州で修行をされていましたので、
南イタリアの食文化についてもお話いただきます。

場所は、
イタリアンレストラン 「イル・コルティーレ」
京都市下京区新町通四条下ル東側(四条烏丸から徒歩5分)
参加費)4500円

オリーブオイルのプロになった気分も味わえて、
シェフのお料理も存分に楽しめる、ワクワク新企画です♪

お申し込みは、山中油店まで。
電話)075-841-8537
メール)post@yoil.co.jp

皆様のお越しをお待ちいたしております!