油屋のふたことみこと
その昔、油売りは柄杓(ひしゃく)から、油をたら~りたらりと流し入れながら、お客さんと世間話に花を咲かせていました。
その様子があまりにものんびりして見えることから生まれたのが「油を売る=怠ける」という言葉です。
昨今の買い物は一言も話さず済ますことが出来る店が多くなりました。
でもやっぱり専門店ではゆっくりお話しながら納得いく商品をお求めいただきたい…
お客様の満足を心より望む油売りが油を売っております。どうぞお立ち寄りくださいませ。

杏の実

今年も杏の古木に実がなりました。木の内部はすっかり洞になっているのに、どうしてこんなにたくさん実がなるのでしょう。生命の不思議さえ感じます。今年は例年より数は少ないですが、でもその実の大きさは小ぶりの桃かと思うほど大きく、普通の杏に比べると2回りほど大きいでしょうか。

20120613-2012.6.13anzu.jpg

カフェ綾綺殿では、その杏を使って、実はジャムに種は中の「仁」を取り出し、本物の杏仁豆腐を作ります。

20120613-2012.6.13anzutane.jpg

これからの暑い夏、自然の恵みをいただいて乗り切っていきたいと思います。綾綺殿でも、期間限定でお客様にご提供できると思います。準備ができましたら綾綺殿ホームページでご案内させていただきます。

お盆休みのお知らせ

山中油店のお盆休みは、以下の通りです。
<店舗)> 8月12日(金)から16日(火)まで。
<ネットショップ/発送> 8月11日(木)から16日(火)まで。
<カフェ綾綺殿> 8月10日(水)から17日(水)まで。

お休みの間、山中油店では、京都の伝統をそのまま受け継いだ
お盆の行事に明け暮れます。

山中油店のお盆休みについては、こちらから…

  1. 山中油店のお盆(その1〜お精霊さん迎え(上))
  2. 山中油店のお盆(その2〜お精霊さん迎え(下))
  3. 山中油店のお盆(その3〜お仏壇のあるお座敷)
  4. 山中油店のお盆(その4〜精進料理)
  5. 山中油店のお盆(その5〜五山の送り火)

忙しいけれど、厳かな行事です。

しばらくの間、ご迷惑をおかけいたします。
暑い日が続きますが、皆様ご自愛くださいませ。

謹賀新年 2011

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

ニュースでも報道されていたので皆さんご存知と思いますが、
大晦日の朝から降り出した雪は、店の辺りでは、
最大で20cm近く積もり、池の鯉は、とても寒そうに見えました。
null
元旦の朝は、寒暖計の表示が、マイナス4度。
前の道路は、ガチンガチンに凍結していて、
毎年恒例、「山中油店の1年の幕開けは離宮八幡宮様への参詣から」
の予定を変更せざるを得ない状況でした。

続きを読む >